皆様こんにちは。ミリタリーにおける『食』についてご紹介していくDachoの『ミリヲタ的グルメ』。いつもは主にレーションについてご紹介していますが、第五回目の今回は特別編です。
先日、アメリカ空軍横田基地を訪問し、下士官クラブで食事をする機会に恵まれましたので、今回はその様子をレポートします。
とは言っても、料理は特別なものではありませんでしたので、その時の様子を中心にお届けしたいと思います。


初夏の訪れを感じさせるゴールデンウィークの最終日、とあるグループの一員として東京のアメリカ空軍横田基地を訪問しました。

横田基地は、広大な敷地に長い滑走路を持つ航空基地で、アメリカ軍のハブ空港として物資や人員の輸送基地になっています。

朝から装備や施設の見学、各種のブリーフィングを受け、いよいよ昼食になりました。

昼食は、基地内の下士官クラブ内に席を予約してありました。下士官クラブは、その名の通り下士官専用のクラブです。
アメリカ軍の階級は、兵、下士官、士官の3つの大きなグループに分かれ、下士官には、曹長、軍曹の階級(実際には、さらに細かく分かれています)があります。
クルル曹長やケロロ軍曹は、下士官ですね(笑)

本連載の第1回で、アメリカ海軍の士官食堂(将校クラブ)での食事にちょっとだけ触れましたが、今回は下士官クラブということでとても楽しみにしていました。

下士官クラブは、独立した結構大きな建物で、下士官クラブが経営する床屋が併設されています。
入口の正面には、ホテルのようなフロントがあり、横には売店もあり、更に奥へ進むと広いメインホールへと抜けることができます。
メインホールでは各テーブルが風船で飾り付けられ、一応歓迎の意を表する飾りつけ?が施されてていました。

そして、そこから更にに奥へと進むと、私たちのために予約された個室「TOP3ラウンジ」があります。

窓からは、日本庭園風の中庭がよく見えて、とてもいい雰囲気です。

10人ほどが座れる丸テーブルが5つあり、それぞれに分かれて座ります。ちなみに各テーブルには、招かれた基地所属の将校が1人か2人ずつ座ってくれました。

そして、期待すべき私たちのテーブルには……、なんと内山少佐が座ってくれました。
内山少佐は、アメリカ留学後にアメリカ陸軍に入隊し、その後アメリカ空軍へ移って少佐まで昇進した日本人です。現在は、この横田基地で憲兵隊副司令として勤務されています。

以前から雑誌などで紹介されていたので内山少佐に注目していましたが、これまでの半生を描いた著書「戦い、終らず」が数ヶ月前に出版され、すぐに購入して読みました。その内山少佐が突然現れたのでびっくりです。

でも、「販売行為になるから本の話はできない」だそうで、公務員は大変です。写真は、他の参加者との記念撮影を横から失礼しました。
左の迷彩服の方が内山少佐で、とても背が高く、がっしりした人でした。(右は、私ではありません!)

料理は、バイキング形式で各々が好きな料理を皿に盛りつけることができました。

メニューはサラダ、肉料理、米料理、デザートなど様々で、本来ならばゆっくりと選びたかったのですが行列ができてしまっていたため、ゆっくり選ぶ余裕もなく……、適当に取ってきてしまいました。

そうそう、余談ですが同じテーブルの人達が選んだ料理を見てみると、皆パンは取らず米料理を盛り付けていましたね。
でも内山少佐だけは、米料理とパンの両方を取っていました。
日本人的には、米は主食で、パンはその代わりになるものだと思いますが、アメリカ人的には、米は野菜の一種でパンの代わりになるものではないということかもしれません。

味は、まあ期待以上でもなく、期待以下でもなく、といったところです。ローストビーフは、ちょっと硬かったです。

さて、その後ですが食後にバスで基地全体を一周して見学終了になりました。
色々と勉強になり、また貴重な体験をできた訪問でした。

■ライター紹介
【Dacho】

中学時代に「エリア88」と出会い、ミリタリーに目覚める。数年前、以前から気になっていたMRE(米軍のレーション)をミリタリーショップで発見し、レーションオタクの道へ。急速に自宅の空きスペースを浸食していくレーションの山と日々闘い続けている。