今はなくなりましたが、昔は小学校の下校時刻に合わせた頃や縁日などで、よくヒヨコが売られていました。今ではもう見ることはありませんが、とあるお店で売られているヒヨコたちのご飯の時間が、なんともピヨピヨしすぎて思わず見入ってしまいます。

 このお店、小動物と爬虫類を主に飼育している「爬虫類&小動物ふれあいcafe Piccolo Zoo」での一コマ。たまに、ヒヨコを販売している事があるようですが、その時の様子をツイッターユーザーの“なりしげトム太郎@とんぶり市”さんがツイッターに投稿。

 「困りますお客様ーー!!!!!! ご飯は下にありますよ!!!!!! 」。と言うのも、エサが入っていたと思しき透明のプラカップにヒヨコが大量に群がる場面がそこに。動画には、ヒヨコがいる箱の底にエサが完全に撒かれていて、プラカップはすっかりカラ。でも、ヒヨコたちは執拗にからっぽのプラカップに。中には勢いあまって入り込むヒヨコも数羽。

カップにはご飯はないのに…

勢いあまってカップに3羽も

プラカップに入り込むヒヨコ

 この様子を見た人たちは、「あぁぁこれは一生見ていられるやつ」「ひよこアホ可愛すぎてやばい」「ひよこらの中に潜りたいいい」とその可愛さに癒されていました。

 ちなみに、現在は店内仮店舗にて営業中との事、お店の雰囲気をなりしげトム太郎@とんぶり市さんに聞いてみたところ、「客様同士での会話もよくあってアットホームな感じ」との事でした。

<記事化協力>
なりしげトム太郎@とんぶり市さん(@GECKO_LEOPA)

(梓川みいな)