テレビの動物番組では時々ペットの面白行動が紹介されたりしていますが、笑えるいたずらから、思わず「ノー!!」となるいたずらまで色々やってくれたりしますよね。そんなペットの、ある「いたずら最高記録」が更新されたかも?しれません。

 選手もとい、猫ちゃんはカンちゃんというキジトラの男の子。飼い主のてんてこまいまいさんによると、3歳の明るく好奇心旺盛で賢い猫ちゃん。

 そのカンちゃん、2年前の1歳頃から、トイレットペーパーを出して遊ぶ事を覚えたそうで、度々引き出しては遊んでいるとのことですが……ある朝、ついにこれまでの記録を更新。その様子がツイッターに投稿されています。

 動画ではカンちゃん、両手を使って器用にペーパーを引き出していきます。くるくるくるくるくる。するともちろん、床にはあっという間にペーパーの山が……途中、疲れたのか片手で出してみたり、振り返って飼い主さんの姿を確認して、少し何か考えるようなそぶりをしてからまた再開したり。これは確信犯、完全に確信犯ですね。

よーい、すたーと!


ただひたすら黙々と……


ちら……あれ、怒られない?

 カンちゃんが満足するまでの間、約1分。立ち去ったカンちゃんが残したものは膨大なペーパーの山でした……。ズタボロにせずきれいに引き出しているので巻きなおすことができますが、巻きなおすのはかなり大変そう……。お疲れ様です。

はぁ、満足(怒られないかな?ドキドキ)

 飼い主のてんてこまいまいさんのご自宅には、全部で5匹の猫がおり、そのうち白黒のゲンちゃんという子もペーパー出しをするそうですが、ただ破ってるだけなんですって。カンちゃん、器用……。

 小さい時から、枕を引きずって歩いてみたり、何かしら面白いことをしていたというカンちゃん、もしかしたら遊びの天才かもしれませんね。

<記事化協力>
てんてこまいまいさん(@malecat8)

(梓川みいな)