かわいい子が美味しそうに何か食べている様子って、見てて飽きないですよね。男女の間においてもよく食べる女性の方が好感度が高いのだとか。それがキュートなペットだとなおさら可愛さもひとしおです。そんなモリモリ食べるウサギさんが話題です。

 ネザーランド・ドワーフという種類のウサギの桃さんは2歳の女の子。人間に換算したら仕事に恋に飲み会にと人生を謳歌するアラサー世代と同じくらい。そんな桃さん、飼い主さんのお祖父さんが丹精込めて育てたキャベツが大好き。

 その食べっぷりは実に見事。真剣な表情でキャベツにかじりつき、真顔でモグモグ。ほっぺのモチモチとした丸っこさに真剣に食べている表情がめちゃめちゃキュート!

 飼い主さんは「祖父(83歳)が愛情込めて育てたキャベツを世界で一番喜ぶ生き物。」とその様子をツイッターで紹介しています。

 どうやら桃さん、結構なグルメらしく飼い主さんは「とれたて新鮮でないと食いつきの悪くなる桃様…贅沢すぎる…」と桃さんを評していますがそこはやはりウサギですもの、新鮮な葉っぱをパリパリと食べたいってものですよね!


 お祖父さんが育てた野菜は人も動物も安心して食べられる無農薬育ち。ちなみにお祖父さん、昔の人間という感じで「うさぎなんかに愛着は持たん!」というタイプなんだそうですが、桃さんが美味しそうに手作り野菜を頬張ってるのを見るとニコニコして眺めているんですって。昔気質の人をも笑顔にしてしまうウサギさん、つよい。

 飼い主さんのタイムラインには桃さんの真ん丸な後ろ姿やキュートなオシリもたくさんで思わずもふりたくなりますよ。

<記事化協力>
桃尻桃ほっぺの桃様と飼い主のお餅さん(@usagi_momosyan)

(梓川みいな)