シルエットにおむすび(しかも実写)がのっかったビジュアルしか公開していない、株式会社ビジュアルワークスの新作ゲーム『結ひの忍』の事前登録が10月27日の開始から1万を突破したそうです。

【関連:吾輩は猫である風の猫擬人化アニメ】

 シルエットの立ち姿からはイケメン臭がただよいますが、今のところ何が何だか。でも1万突破からも分かる通り、ゲームファンから妙な期待感をもたれているようです。

 全容については徐々に公開されるとのことですが、他にも分かっている情報として、ゲーム内容は「忍者たちの友愛を結ぶカード式シナリオゲーム」。さらにキャラクターは、おむすびの具材が色んな意味で個性豊かに擬人化され「チャラ男・明太子」「童貞眼鏡・昆布」「ショタ眼鏡・すじこ」等、イケメン忍者として登場……。設定を見る限りはイケメンゲームの定番から妙に影のあるキャラクターまで入り交じる混沌としたものとなっているもよう。昆布……いきろ。

 なお、プラットフォームはAmeba・mixiゲーム。課金形態は基本無料のアイテム課金制で対応はPC、iPhone、Androidとなっています。

新作ゲーム『結ひの忍』HPより。

結ひの忍とは
広大な領地と豊かな資源、
そして春夏秋冬の四季を同時期に有する平和な国――稲穂ノ国。

その平和の影には、特殊な里で生まれ育った者達
「結忍」(ゆいにん)の活躍があった――。

主人公が生まれ育った「おひつの里」は数ある里の中でも
国を治める殿からの信頼も厚く、高い実力を誇る結忍たちが多く集まっていた。

しかし、主人公が修行で里を離れている間に、
殿の死により国が二分される。
おひつの里も何者かに襲撃を受け、大勢の仲間たちの姿が消えてしまう。

主人公は消えた仲間たちを探し出し、
おひつの里、そして国を救うことができるのか――。