友人であり某大手IT媒体の記者から「スマホ買うなら絶対防水付きだぞ!」と散々勧められていたにもかかわらず、「インドア派だからプールや海に行かないし防水機能なんて必要ない!プイッ」と意地張って(ケチって)、非防水機能のスマホを購入してしまった筆者です。

しかし先日、「風呂の湯気ぐらい大丈夫だろう~」なんてのんきに入浴スマホをしていたところ、手がつるりとスベってどぼん。ガラケー時代も何度か落としたことがあるのですが、その時は余裕のよしこさんでした。ところが……スマホって結構もろいんですね。あわてて取り出したけど、時既に遅し。泣く泣く買い換えることに。お前が言うな案件ですが、皆、防水って大事だぞ!

さて、そんな私的なことは置いといて、この度モバイル製品のGalaxyが『Galaxy S7 edge』の発売にあわせて、新たに追加された防水機能を訴求する体験型コンテンツを東京駅直結の商業施設「KITTE(キッテ)」で公開したそうです。

【関連:何コレ超幻想的!奈良県にある「金魚の泳ぐ電話ボックス」が話題】

DIGITAL GOLDFISH SCOOPING

体験型コンテンツ「DIGITAL GOLDFISH SCOOPING」では、参加者みずからがGalaxy S7 edgeを水に沈め、端末画面上に金魚が現れる「金魚すくい」が楽しめます。発表写真をちょいと見てみましたが、がっつり水につかってますねぇ。防水ってすげぇぇ!!

DIGITAL GOLDFISH SCOOPINGの体験場面
水につけても大丈夫

現れる金魚は実際とおなじく、端末に表示されるポイのうえにポイッとのせ、ポイッとすくうことができます。ただ、バイブレーションの効果もあるそうなので、場合によってはポイッと行かないこともあるそうです。

「DIGITAL GOLDFISH SCOOPING」は、水が超音波を通しにくいという特性を活かし、特定の周波数の超音波を端末側で検知する仕組みを実装。水槽周辺の空気中にスピーカーから超音波を発信し、水中での超音波を解析。画面上の演出を切り替えています。さらにジャイロセンサーによって、金魚や背景のモーションを制御することで、よりリアルな金魚すくいを実現するとともに、難易度調整も可能。

近くに立ち寄る機会があれば、このスマホ金魚すくい。ポイポイポイっと体験してみるといいかもしれません。開催は6月8日までです。そして最後にもう一度、防水ってほんと大事だぞ!!