tokyofm昨年9月に引退会見まで行い大大的に引退発表を行った、スタジオジブリの宮崎駿監督がどうも引退撤回をほのめかしているようだ。

注目の発言があったのは2013年12月31日放送のラジオ番組『鈴木敏夫のジブリ汗まみれスペシャル』。番組にはスタジオジブリの鈴木敏夫さんが出演し、知られざる引退会見の真相や、ジブリの未来を語るといった内容で構成されていた。

【関連:宮崎駿監督、数えてみたら引退発言これで7回目】

tokyofm


当時番組を聴いていた人によると、宮崎監督引退の真相として「引退は鈴木敏夫さんが仕組んだこと」などが紹介され、実質的に「引退撤回」を示唆する発言があったという。

これについてネット上は既に大騒ぎになっており、「長編アニメだけ引退して他はやるってことか」「すると思った」「引退撤回大歓迎!!」「もはや儀式www」といった声が上がっている。

ちなみに宮崎監督が引退をほのめかして引退しなかった事案は、軽く調べてみただけで過去6回みつかった。今回の撤回が実現すれば7回目になる。

――過去の引退発言→撤回事案
・第1回 1986年:天空の城ラピュタ
・第2回 1992年:紅の豚
・第3回 1997年:もののけ姫
・第4回 2001年:千と千尋の神隠し
・第5回 2004年:ハウルの動く城
・第6回 2008年:崖の上のポニョ
※当編集部調べでは6回ですが、10回とする説もあります。

参考・引用:
TOKYO FM/大晦日は「ジブリ汗まみれスペシャル」宮崎監督引退会見の真相、そして、ジブリの未来とは