高山市、テレビアニメ「氷菓」の聖地巡礼者向け舞台探訪マップを配布開始テレビアニメ『氷菓』の舞台となった岐阜県高山市が舞台探訪マップを制作し配布を開始した。

探訪マップは『聖地巡礼者』(アニメや漫画に登場したモデル地を訪れるファンのこと)をターゲットにしており、アニメに登場した場所や施設が紹介されている。


【関連:『らき☆すた』原作者・美水かがみ先生の痛絵馬を発見!聖地鷲宮神社へ初詣】

 

配布先は、高山市役所観光課(庁舎2階)、飛騨高山観光案内所(高山駅前)、飛騨高山まちかど観光案内所(上三之町)、アンテナショップまるっとプラザ(本町2)。
問い合わせは高山市観光課(電話0577-32-3333)。

なお、高松市のホームページからはPDF化した印刷用ファイルも配布されている。

『氷菓』は、米澤穂信の原作『古典部シリーズ』を京都アニメーションがテレビアニメ化し、2012年4月から9月にチバテレビ他10局で放送していた作品。

高山市、テレビアニメ「氷菓」の聖地巡礼者向け舞台探訪マップを配布開始

高松市
http://www.hida.jp/cgi-bin/htmlview/newsview.cgi?admin=contents_view&view=1&id=11321143142