「ラングリッサー・トライソード」シリーズIからIIIのメインキャラクターが時代を越えて蘇る!新旧キャラクターイラストも公開株式会社ガマニアデジタルエンターテインメントが、近日サービス開始を予定しているWebゲームサービス「ラングリッサー・トライソード」が、ラングリッサーシリーズIからIIIに登場したメインキャラクター達をゲーム中に登場させることを発表した。


シリーズIからIIIに登場したキャラクター達は「英雄」として召喚ができ、メインキャラクター同士の時代を超えた競演が実現。登場するのは、ラングリッサーIからレディンとクリス、IIからエルウィンとリアナとラーナが、IIIからディハルトの6人。シリーズファンにとっては、まさに夢の共演。

なお、今回登場するメインキャラクターの一部は、デバッグテストでは「指揮官」としても使用ができるとのこと。詳細なキャラクター名は今回公開されていないが、テストに参加する人はその辺も含んでチェックして欲しい。

▼「ラングリッサー・トライソード」に登場するメインキャラクター

ラングリッサーI「レディン」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーI「レディン」 オリジナル版 Webゲーム版
「ラングリッサーI」の主人公で、IIIに登場するルインの子孫。
バルディア王国の王子として何不自由のない生活を送っていたが、聖剣ラングリッサーを狙うダルシス帝国の侵略により、その人生は大きく変わる。
失われた祖国を取り戻すために、ダルシス帝国を打倒すべく闘い続ける。
ラングリッサーI「クリス」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーI「クリス」 オリジナル版 Webゲーム版
「ラングリッサーI」のヒロイン的な存在であり、僧侶を目指し巡礼の旅をしていた。
ある時、野盗に襲われていたところをレディンたちに助けられたことで、レディンに恋心を抱き、共に戦うことを決意する。
Iのエンディングではレディンと結婚し、バルディア王国の王妃となる。
ラングリッサーII「エルウィン」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーII「エルウィン」 オリジナル版 Webゲーム版
Iのレディンとクリスの血を引く子孫であり、「ラングリッサーII」の主人公。
古より連綿と受け継がれる羽根のティアラが、バルディア王家の末裔である事を示す。
幼少の頃に両親を亡くし、育ての親と旅をしながら剣技を磨いていたが、やがて聖剣と魔剣を巡る戦争に関わることとなる。
熱血漢ではないものの、信念を貫く心の強さを持ち、周囲の者からの人望も厚い。
ラングリッサーII「リアナ」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーII「リアナ」 オリジナル版 Webゲーム版
「ラングリッサーII」のヒロインであり、光の巫女として神に仕える、控えめなおとなしい少女。
IIIに登場するソフィアの子孫であり、幼少の頃に生き別れたラーナという双子の姉がいる。
その血筋に秘められた力を狙う帝国軍に追われ、戦乱に巻き込まれていく。
帝国に捕らわれそうになったところをエルウィンにより救出され、共に旅をすることとなる。
ラングリッサーII「ラーナ」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーII「ラーナ」 オリジナル版 Webゲーム版
リアナの双子の姉であり、ラングリッサーIIにおけるもう一人のヒロインである。
リアナと同様に巫女の資質を受け継ぐが、幼い頃より闇の力に操られ、ダークプリンセスとして帝国軍を率いてエルウィン達の前に立ちはだかる。
顔はリアナとうり二つだが、妹とは異なり、かなり強気な性格をしている。
ラングリッサーIII「ディハルト」 オリジナル版 Webゲーム版
ラングリッサーIII「ディハルト」 オリジナル版 Webゲーム版
「ラングリッサーIII」の主人公であり、IIに登場するレオンの先祖にあたる。
ウィリアム公爵の下で騎士となるも、叙任式の直後に帝国軍の襲撃を受け、戦乱に身を投じる。
明朗快活、責任感の強い積極的な性格で、多くの出会いと別れを通じて成長を遂げていく。
戦いの中で闇の力の存在を知り、聖剣ラングリッサーの誕生にも立ち合う。

オリジナル版キャラクターデザイン:うるし原智志
Webゲーム版キャラクターデザイン:黒獅子
※「ラングリッサー・トライソード」には、Webゲーム版のイラストのみ登場いたします。

▽「ラングリッサー・トライソード」公式サイト
http://lt.gamania.co.jp/

©NCS/extreme
©2012 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.